紅葉の大日ヶ岳を ひるがの高原から登る!!
 大日ヶ岳は長良川最上流も日本海と太平洋に水を分ける分水嶺の山。登山道はダイナランド、桧峠とあるが、紅葉の見どころルートは、ひるがの高原からのルートです。
登山日:2018/10/27

 ひるがのからのコースは急な登りが少なく、苅り払いもょくされていて歩きやすいルートである。登山口は上水道浄水場の横をフェンス沿いに登っていく。右下に別荘を見て行くと、いつしか登山道となる。やがて送電線鉄塔の下に着く。

ひるがの高原登山口

山腹の紅葉

カエデ

 眼下のひるがの高原が広がっている。しばらくは、クヌギ・ブナ・ミズナラ・楓などの広葉樹林の中の緩やかな登りです。登山道は右手に見えていた尾根が近づきやがて、かって胸突二丁目と言われていた急登にさしかかる。

コシアブラの黄葉

ブナ林とカエデ

落ち葉の絨毯

紅葉ロードです
紅葉ロードです

 胸突二丁目よりしばらくで、二等三角点の埋まっている、いっぶく平と呼ばれる広場に着く。この辺りが、このコースの中間地点。いっぶく平付近も広葉樹林帯の紅葉の見どころです。

カエデのグラデーション

ナメタケが豊作です

いっぷく平は楽園です
いっぷく平は楽園です

 いっぷく平より次第に林の背丈も低くなり、ダイナランドから上ってくる支尾根を間近に望むようになる。ちょうど背丈ほどのクマザサの間の急登を登っていけば大日ヶ岳山頂である。

樹林帯を抜けて山頂が

展望台に着く

石徹白の山並み

山腹の黄葉

山腹の紅葉
山腹の紅葉

 山頂には、方向指示盤が据えられている。ダイナランドに向かう前大日ヶ岳、雄大に別山が大きく迫り、薙刀山、野伏ヶ岳などの稜線の展望が広がる。
この時期は紅葉が楽しめる

大日ヶ岳への道

山頂に

賑わう山頂

山頂から別山を望む
山頂から別山を望む

■ルートマップ

■ルート所要時間
登山口→(0:15)→送電線鉄塔→(1:30)→いっぷく平→(1:40)→大日ヶ岳山頂→(1:10)→いっぷく平→(1:10)→登山口
全行程時間 5時間45分