山岳用語集


| 山岳用語集のトップ | 管理用 |

か行

| カール(かーる) | 笠雲(かさぐも) | 滑落停止(かつらくていし) | 鎌尾根(かまおね) | ガモフバッグ(がもふばっく) |
| 空雉(からきじ) | カラビナ(からびな) | 絡む(からむ) | ガリー(がりー) | ガレ場(がれば) |
| カンジキ(かんじき) | カンテ(かんて) | 観天望気(かんてんぼうき) | 潅木(かんぼく) | 岩稜(がんりょう) |
| 雉撃ち(きじうち) | 雉紙(きじがみ) | キスリング(きすりんぐ) | キックステップ(きっくすてっぷ) | キャラバン(きゃらばん) |
| 喬木(きょうぼく) | キレット(きれっと) | クーロアール(くーろあーる) | 草付(くさつき) | クッカー(くっかー) |
| 倉(くら) | グラート(ぐらーと) | クライマー(くらいまー) | クラスト(くらすと) | クラック(くらっく) |
| クライミング(くらみんぐ) | クランポン(くらんぽん) | グリセード(ぐりせーど) | クリフ(くりふ) | クレバス(くればす) |
| クレバス(くれぱす) | 軽アイゼン(けいじぜん) | ケルン(けるん) | ゲレンデ(げれんで) | 懸垂下降(けんすいかこう) |
| コースサイン(こーすさいん) | ゴアテックス(ごあてっくす) | 高山病(こうざんびょう) | コッヘル(こっへる) | コル(こる) |
| ゴルジュ(ごるじゅ) | コンパス(こんぱす)
・カール(かーる)
圏谷。氷河で削られて、スプーンでえぐり取ったようなに出来た地形。氷河の流れが、大規模の物はU字谷となるが、小規模だったり、途中で止まった物はカールとなる。穂高の涸沢が有名。

・笠雲(かさぐも)
山頂に笠あるいは帽子の様にかかっている雲。これがかかると天気は下り坂。

・滑落停止(かつらくていし)
雪上で滑落した場合、ピッケルを雪面に突き刺して止めること。難しい技術なので、安全な所で練習しておくと良い。なお、雪のない斜面で滑落した時はロープを使っていなければ、ほとんど止められないので要注意。

・鎌尾根(かまおね)
稜線が浸食により著しくやせ、鎌のようにそりがある尾根のこと。槍ヶ岳の北鎌尾根などが有名。剣の刃渡り、ナイフエッジも同じ意味だが、これらは規模が小さい岩稜のことである。

・ガモフバッグ(がもふばっく)
携帯用加圧装置。高山病になった人が入って、空気入れで中の圧力を高めることができる袋。最大0.2気圧上昇するので、ほぼ2000m程度下降した気圧になる。海外登山など高所登山に行く時に携帯するものらしい。患者が回復するまで、ずっと足踏みポンプを押していなければならない。

・空雉(からきじ)
おなら(俗)。

・カラビナ(からびな)
金属の輪。ハーケン(岩釘)などにザイル(ロープ)をかける仲介をしたり、他いろんな用 途に使うことができる。

・絡む(からむ)
巻く

・ガリー(がりー)
岩壁にある大きな縦溝。ルンゼ。落石や雪崩が発生(集中)しやすいが、比較的やさしく登れる為、草創期のクライマーに好まれた。

・ガレ場(がれば)
大小さまざまな石がゴロゴロ散乱しているところ。

・カンジキ(かんじき)
ワカンの方言

・カンテ(かんて)
稜角。急峻にそびえた角を持つ稜で岩塔や岩壁の壊れた凸状の角。小さいものをリッジ(英)と言う。

・観天望気(かんてんぼうき)
雲の様子、風の向き、温度などから天気を予測すること。局地的な気象変化や半日くらい先の天気を当てるには、ラジオの天気図からは解らないので、観天望気をいろいろ知っておくと良い。

・潅木(かんぼく)
背丈の低い樹木のこと。人の背丈以下なら潅木と言い、それ以上なら喬木と言われる。潅木には二種類あって、一つは森林限界以下の潅木、いわゆるヤブで、もう一つは這松などの高山帯の潅木である。

・岩稜(がんりょう)
稜線の岩で出来ている所。リッジは意味の幅が広く稜線、尾根も含めて言う場合が多い。アレートはかなり痩せている岩稜で馬の背に近い意味。

・雉撃ち(きじうち)
山で用を足すこと(俗)。猟師が藪に身を潜めて、キジを狙って鉄砲を構えた時の姿に似ているところから。語源から言うと大便になるが、実際には大をオオキジ、小をコキジと区別する。女性の場合は大も小もお花摘みと言う。

・雉紙(きじがみ)
トイレットペーパーの事。

・キスリング(きすりんぐ)
昔(1960年代)の登山用ザックの代名詞。ルックザック。丈夫な布地を袋状にして背負いひもを付けたザック。雨フタが付いていないのが特徴。スイス、グリンデルワルドの馬具職人のKissling(キスリング)が考案したもの。

・キックステップ(きっくすてっぷ)
足でキックして雪を削ったり、踏み固めたりしてステップを作ること。急な斜面を登る時、アイゼンを着けていないときは足で蹴って靴が水平に置けるようにする。下りでは踵に体重を置いて、雪を上から踏み固めるそして水平の靴を置く。

・キャラバン(きゃらばん)
集団で目的地まで移動すること。元々は砂漠を行く隊商の意。

・喬木(きょうぼく)
背の高い樹木のこと。人の背丈以下なら潅木と言い、それ以上なら喬木と言われる。喬木は通常、幹が真っ直ぐ伸びていて、そこから枝別れしているものを言う。

・キレット(きれっと)
鋭く切れ込んだ急峻な鞍部。

・クーロアール(くーろあーる)
急峻な岩の溝のこと。

・草付(くさつき)
丈の短い草の生えた急斜面のこと。大変滑りやすい。露が付いている時は特に注意。

・クッカー(くっかー)
調理器具。特に鍋、器を指す。「コッヘル」

・倉(くら)
屏風のように立ちはだかった岩壁。山や沢にクラが付いているのは大抵、岩場である。谷川岳一ノ倉など。

・グラート(ぐらーと)
稜線。岩稜。[馬の背]

・クライマー(くらいまー)
登る人の意だが、普通は岩や氷壁を登る人。よじ登る人。登攀者。登山者とは異なり、彼らはプライドを持っている。ロッククライマー。

・クラスト(くらすと)
雪面が風や日射などの影響で、堅くなったもの。表面がつるつるで滑りやすい。特に日の当たらない斜面で、低温と強風によって雪面が非常に硬くなったものをウインド・クラストと言う。また、日中太陽熱で解け、夜間に再び凍り表面が固くなったものをサン・クラストと言う。

・クラック(くらっく)
手や指が入る位の岩の割れ目。この隙間に手首や足首などを突っ込んでホールドに使う。もっと狭いものをリスと言う。

・クライミング(くらみんぐ)
よじ登る。登攀(とうはん)。手足を使って、岩や氷壁をよじ登ること。岩登り。ロッククライミング。その際、安全の為ロープ(ザイル)を使用する。通常の登山とは異なる。

・クランポン(くらんぽん)
アイゼンの英語読み。最近ではアイゼンをクランポンと言うようになってきているが、アイゼンの方が言いやすい。

・グリセード(ぐりせーど)
制動滑降。雪面を直立して山靴のまま滑り降りること。緩斜面では両足だけで立ったまま滑る。急斜面では腰を落とし(お尻を付けないで)、ピッケルの石突きを後ろに付けてバランスを保って滑る。

・クリフ(くりふ)
懸崖(けんがい)。絶壁。垂直に近い岩壁。

・クレバス(くればす)
氷河の割れ目。深さ数メートルの浅いものから数百メートルに達するものまであり、アルミのハシゴをかけたりして通過するが、底の方は真っ暗で何も見えず、吸い込まれそうで恐ろしい。

・クレバス(くれぱす)
氷河に出来た割れ目。日本では雪渓の割れ目を言う場合もあるが、正しくない。雪渓の場合は、シュルントと言う。

・軽アイゼン(けいじぜん)
軽いアイゼン。簡易的なアイゼン。雪渓や平地の滑りやすい所で使用する。4本爪と6本爪の物がある。

・ケルン(けるん)
積石。石塚。ピラミッド型に積んだ石。迷いやすい尾根等に指導標として積まれている。また、頂上に記念に積まれているものや遭難者を慰める意味のものもある。

・ゲレンデ(げれんで)
練習場。登山では一般に岩場の練習場を指す。日本では一般にスキー場のことを言うが、本来、スキーも自然の野山でやるものなので、これもスキーの練習場と見て良い。

・懸垂下降(けんすいかこう)
固定したザイル(ロープ)を使って、垂壁など急な岩場を下降すること。

・コースサイン(こーすさいん)
登山のコース(進路)を示す目印。指導標、ペンキマーク、赤布などがある。ペンキマークは岩場などに書かれている事が多い。赤布は冬山に入る時に事前に視察山行しながら、登山者が自らコースに付けて行く(設置)ことが多い。

・ゴアテックス(ごあてっくす)
米国ゴア社が開発した素材(商品名)。湿気を通して、水を通さないと言われている布。日本語で言うと、透湿性防水素材。現在では、雨合羽から靴、手袋などいろいろな所に使われている優れもの。類似品が多いがゴアテックスの性能一番良い。

・高山病(こうざんびょう)
高所登山による酸素不足からくる体調不良全般。頭痛、食欲不振、嘔吐、全身倦怠感などの症状がでる。通常、下山すれば治るが、重症の場合、呼吸が停止し死亡する場合もある。

・コッヘル(こっへる)
携帯用の炊事用ナベセット。

・コル(こる)
稜線上の低くくぼんだところ。鞍部。ふたこぶらくだのまたがるところを想像してもらえば よい。

・ゴルジュ(ごるじゅ)
渓谷の両岸の岩壁がひどく迫り合った深い峡谷。層雲峡の大函や黒部川の廊下もゴルジュの一種である。

・コンパス(こんぱす)
方位磁針。羅針盤。シルバ社のコンパスが有名。

登録数:47


検索したいキーワードを直接入力するか、単語の仮名を入力して検索ボタンを押してください。

HOME