山岳用語集


| 山岳用語集のトップ | 管理用 |

な行

| ナイフ・エッジ(ないふ・えっじ) | ナップザック(なっぷざっく) | 滑滝(なめたき) | ニードル(にーどる) | 二重山稜(にじゅうさんりょう) |
| 偽ピーク(にせぴーく) | ニッカボッカ(にっかぼっか) | 抜戸(ぬけど) | ヌンチャク(ぬんちゃく) | 猫下呂(ねこげろ) |
| 寝袋(ねぶくろ) | 乗越し(のっこし) | ノット(のっと)
・ナイフ・エッジ(ないふ・えっじ)
著しくやせた岩稜。[鎌尾根]

・ナップザック(なっぷざっく)
1〜2日位の山歩き用の小さいザック。肩紐がロープで出来ている予備用のザック。サブザック。

・滑滝(なめたき)
傾斜の緩い滝(およそ30度以下)で、一枚岩の流れている滝。

・ニードル(にーどる)
針の様に尖(とが)った峰、岩峰。剣岳八ッ峰のクレオパトラ・ニードルが有名。

・二重山稜(にじゅうさんりょう)
一本の稜線は二つに別れ、その先で再び一つに合流している地形。北アの蝶ヶ岳や南アの仙丈岳などが有名。

・偽ピーク(にせぴーく)
頂上だと思ったら違っていたこと。またはその部分。山は上に行く程、傾斜が緩くなっていることが多く、下から登っていくと山の傾斜で向こう側が見えない。従って、この場所が頂上だと思うことがあるが、実際にそこまで行くと更に上に行く道がある。このような部分(場所)を言う。

・ニッカボッカ(にっかぼっか)
膝上で裾を絞った羊毛製のハーフズボンで、昔(1960年頃)はこれが山ヤの代表だった。もともとヨーロッパの貴族の間で使っていた運動着で、ゴルフウェアーとしても有名。日本ではなぜか山ヤが広めたので、山用品と認識されている。

・抜戸(ぬけど)
山崩れをする事を抜けると言い、崩れたところをヌケドと言う。ドは所の意。また、山崩れで押し出された土砂をヌケドと言うこともある。

・ヌンチャク(ぬんちゃく)
登攀用具の一種で、カラビナ付きのスリングの俗語。プロテクションに使用する。

・猫下呂(ねこげろ)
おじや、スープ、雑炊の類(俗)。猫がもどしたヤツに似ているから。

・寝袋(ねぶくろ)
寝る時に用いる、袋状の寝具。[シュラフ]

・乗越し(のっこし)
鞍部のことだが、やや峠に近い意味がある。

・ノット(のっと)
結節。ロープを結ぶこと。結び目。結び方。[ヒッチ]

登録数:13


検索したいキーワードを直接入力するか、単語の仮名を入力して検索ボタンを押してください。

HOME