山岳用語集


| 山岳用語集のトップ | 管理用 |

ら行

| 落(らく) | 落雷(らくらい) | ラジウス(らじうす) | ラッセル(らっせる) | ラントクルフト(らんとくるふと) |
| リス(りす) | リッジ(りっじ) | リッペ(りっぺ) | 稜線(りょうせん) | リングバンデリング(りんぐばんでりんぐ) |
| リンネ(りんね) | ルート(るーと) | ルーフ(るーふ) | ルンゼ(るんぜ) | レイヤード(れいやーど) |
| レッグ・ループ(れっぐ・るーぷ) | レッジ(れっじ) | 廊下(ろうか)
・落(らく)
落石のこと。また、落石の発生を他の人(特に下にいる人)に知らせる時に叫ぶ言葉。「ラークッ」と叫んで下の人に注意を促す。[落石]

・落雷(らくらい)
雷が落ちること。稜線では人に落ちやすいので要注意。人間は導体(電気を通す)と考えてよい。

・ラジウス(らじうす)
元々はスウェーデン製の小型ストーブの商品名だが、日本では小型ストーブの総称の様に呼ばれていたらしい。特には、灯油用ストーブを言う。その後、オプティマス社に吸収されたが、流通経路の関係で、オプティマスよりラジウスがよく日本に入ってきたようだ。というわけで、日本では、灯油ストーブはラジウス、ガソリンストーブはホエーブスといわれてきた。時代は1950〜1970年代である。

・ラッセル(らっせる)
深い積雪の中を、雪をかきわけ踏み固めながら進むこと。

・ラントクルフト(らんとくるふと)
雪と岩との割れ目。これをシュルンドと言うこともある。

・リス(りす)
岩壁に入っている、狭い割れ目。ここにハーケンを打ち込む。[クラック]

・リッジ(りっじ)
やせた岩尾根のこと。特に鋭いものはナイフリッジと呼ばれる。

・リッペ(りっぺ)
大きな尾根から直角に何本も張り出している険しい支尾根のこと。本来は肋(あばら)骨の意。

・稜線(りょうせん)
山の峰から峰へ続く線のこと。

・リングバンデリング(りんぐばんでりんぐ)
濃霧のために先が見えず目的地に向かっていると思い込んで、同一の地点をグルグル回っていること。広く平らな所でやってしまうことが多い。

・リンネ(りんね)
岩壁に入っている岩溝(ガリー、ルンゼ)で、特に両側が狭く切り立ったもの。[ガリー]

・ルート(るーと)
歩行するコース、道筋。

・ルーフ(るーふ)
岩のオーバーハングの角度がさらに増したもので、屋根の庇ように水平に張り出した部分。

・ルンゼ(るんぜ)
ガリー(岩の縦溝)のドイツ語読み。[ガリー]

・レイヤード(れいやーど)
重ね着。暑くなったら、一枚脱ぐ。寒くなったら一枚着る。このようにして、寒さ暑さを調整すること。

・レッグ・ループ(れっぐ・るーぷ)
ハーネスの足(腿)に巻く輪状のベルト。墜落の衝撃を足(と腰)で分散するもの。フリー・クライミング用のハーネスである。[ハーネス]

・レッジ(れっじ)
岩の段差で、片足または両足でやっと立てるくらいの広さのもの。

・廊下(ろうか)
垂直に近い岩壁の間を流れていく渓谷。元は信州の人が黒部川に入って「ろうか」と言い出したもの。黒部川ほど雄大でなくても廊下と言うこともある。

登録数:18


検索したいキーワードを直接入力するか、単語の仮名を入力して検索ボタンを押してください。

HOME