山岳用語集


| 山岳用語集のトップ | 管理用 |

さ行

| ザイル(ざいる) | サブザック(さぶざっく) | サン・クラスト(さん・くらすと) | 山塊(さんかい) | 三角点(さんかくてん) |
| 三点確保(さんてんかくほ) | シール登高(しーるとうこう) | CL(しーえる) | CT(しーてぃ) | シェル(しぇる) |
| ツェルト(しぇると) | 支尾根(しおね) | シット・ハーネス(しっと・はーねす) | シュカブラ(しゃかぶら) | ジャミング(じゃみんぐ) |
| 舎利ばて(しゃりばて) | ジャンダルム(じゃんだるむ) | 縦走(じゅうそう) | 集中登山(しゅうちゅうとざん) | シュラフ(しゅらふ) |
| 主稜(しゅりょう) | シュルンド(しゅるんど) | シリセード(しりせーど) | スタンス(すたんす) | ステーション・ビバーク(すてーしょん・びばーく) |
| ストーブ(すとーぶ) | スノーアンカー(すのーあんかー) | スノーバー(すの−ばー) | スノー・シュー(すのー・しゅー) | スノー・ブリッジ(すのー・ぶりっじ) |
| スパッツ(すぱっつ) | スラブ(すらぶ) | スリング(すりんぐ) | 雪煙(せつえん) | 雪渓(せっけい) |
| 雪洞(せつどう) | 雪庇(せっぴ) | セント・エルモのひ(せんと・えるものひ) | 象足(ぞうあし) | 双耳峰(そうじほう) |
| 遡行(そこう) | ゾンディーレン(ぞんでぃーれん)
・ザイル(ざいる)
登山用の綱、ロープ。

・サブザック(さぶざっく)
ピストン山行やアプローチなどの時に使用する予備の小さなザック。

・サン・クラスト(さん・くらすと)
昼間に太陽熱で雪面が解け、夜間に再び凍りついて表面が固くなったクラストを言う。[クラスト]

・山塊(さんかい)
山脈、山地など、一群の山をまとめて山塊と言う。

・三角点(さんかくてん)
三角測量の基準点。1等三角点から4等三角点まである。山頂に必ず、三角点があるとは限らない。見通しの良い所なら、山頂でなくても三角点がある。

・三点確保(さんてんかくほ)
両手、両足の4点のうち、常に三箇所は身体を維持(ホールド)し、残りの一箇所を次のホールドを求め動かして、登ったり下ったりする事。岩登りの基本。

・シール登高(しーるとうこう)
シールを付けて斜面を登っていくこと。

・CL(しーえる)
隊長。

・CT(しーてぃ)
コースタイムは標準的なもので、参考にする程度のもの。体力、天候、装備の量などに左右される。

・シェル(しぇる)
殻の意。登山ではアウターシェルのこと。プラ靴の外側(靴)部分。

・ツェルト(しぇると)
小型軽量の簡易テント。

・支尾根(しおね)
主尾根から派生する枝尾根。

・シット・ハーネス(しっと・はーねす)
レッグループ(股の周りにある帯)が無く、パット(衝撃吸収用)も無いため、軽く、水も吸収しない帯だけで作られているタイプのハーネス。腰とお尻に衝撃を分散させる。ウエストベルトとヒップベルトは一体的になっている。装着が楽なので、アルパインクライミングや冬山、沢登りにも用いられる。

・シュカブラ(しゃかぶら)
固い雪面上に出来た凹凸状の波目。乾燥した雪が積もっている所へ強い風が吹くと、風に直角にうねるような凹凸が出来る。風上側は傾斜が緩く堅い、風下側は急で柔らかい。

・ジャミング(じゃみんぐ)
手を岩の割れ目に入れて、ひねったり握ったりして、ロックする技術。そこに体重をかける訳なので、かなり痛い。

・舎利ばて(しゃりばて)
お腹がすいてバテること。歩けなくなったりする。血糖値が下がり力がでなくなる。舎利は御飯のこと。ハンガーノック。

・ジャンダルム(じゃんだるむ)
尾根に突き出たとんがり岩。山頂を守るかのようにそびえた岩峰。前衛峰。元々は憲兵の意。穂高や剣岳三の窓のジャンダルムが有名。

・縦走(じゅうそう)
頂上から頂上へいくつかのピークを順に結んでいくコースを取る登山。登山の基本的な登り方だが、日数がかかる。縦走登山。

・集中登山(しゅうちゅうとざん)
ひとつの山頂を目指して幾つかのパーティーに別れ、別ルートで登り、山頂でおち合う登り方。時間制約があり、安否の確認もしづらい為、現在では危険な方法としてあまり行われていない。

・シュラフ(しゅらふ)
寝袋。袋状になった寝具。化繊のものに比べ、ダウンのものが軽く、保温性が良い。但し、水に弱いので濡らさない様に注意する。シュラフカバーを併用すると良い。

・主稜(しゅりょう)
山塊の主な稜線。大きな稜線。

・シュルンド(しゅるんど)
雪渓と岩との間に出来た隙間。これをラントクルフトと言うこともある。

・シリセード(しりせーど)
【尻制動】尻を雪面に付けて滑り降りること。グリセードのお尻版で比較的簡単に滑れる。グリセードをもじったもの。

・スタンス(すたんす)
足の位置の意。靴を置ける空間が確保されてること。クライミング用語では、手を使わずに立てる位の広さの岩の段差。

・ステーション・ビバーク(すてーしょん・びばーく)
駅で寝る(泊まる)こと。夜行で深夜に駅に到着した場合など、駅の待合室等で寝ること。

・ストーブ(すとーぶ)
携帯用コンロ。登山ではガス、ガソリン、灯油などの燃料を使用するものが多い。最近ではガスが一般的。

・スノーアンカー(すのーあんかー)
雪面にザイルを固定するために使うアルミ製で固定する時にも用いる。

・スノーバー(すの−ばー)
雪面にザイルを固定するために使うアルミ製の平板。ワイヤーがついており、そこにカラ ビナをかける。

・スノー・シュー(すのー・しゅー)
新雪の上を歩くための道具。足が沈まなくてすむ。ワカンと比べ、大きくて重いので、平原などをハイキングするのに使用する。登山には不向き。

・スノー・ブリッジ(すのー・ぶりっじ)
沢の両岸の積雪の間にかかっている雪の橋。簡単に崩れるので、やむを得ず渡る際は、ロープで確保した上で静かに渡る。

・スパッツ(すぱっつ)
膝下から踝(くるぶし)までを覆うゲーター。英語ではゲイターズと言う。靴の中に雪、雨水、小石などが入るのを防ぐ道具。

・スラブ(すらぶ)
両面に凸凹が少ない、滑らかな一枚岩。滑りやすいのでフリクション(摩擦力)を使って登ることが多い。

・スリング(すりんぐ)
平たい帯状のロープ。ハーケンに通したり、アンカーにしたりする。輪にしたモノをシュリンゲと言う場合がある。

・雪煙(せつえん)
風によって雪が吹き飛ばされ、煙のように見えること。稜線や頂上付近の様に風の強い場所に見られる。

・雪渓(せっけい)
無雪期になおも、沢や谷間に残雪があること。またはその沢のこと。雪は粗粒のザラメ雪が締まったもので、表面は波状(スプーンカット)をしている。白馬、槍沢、涸沢などが有名。

・雪洞(せつどう)
雪に穴を掘って中でキャンプが出来るようにしたモノ。

・雪庇(せっぴ)
稜線に積もった雪が風下に張り出し、ひさし上にのびたもの。踏み抜かないように注意が必要だ。

・セント・エルモのひ(せんと・えるものひ)
落雷の際など、山小屋の棟や人の頭から青や赤い炎が立ち昇る現象。檣頭(しょうとう)電光。空気中の電荷が物体との間で放電する現象。航海では(コーポサント)と言い、帆柱の先端から同様の火焔が発する。

・象足(ぞうあし)
テント内で使用する、防寒用の靴。形が象の足に似ていることから、そう呼ばれる。

・双耳峰(そうじほう)
二つの峰がまとまって、並んでいるような山。谷川岳や鹿島槍ヶ岳などが有名。ちなみに、谷川岳のトマの耳、オキの耳の「耳」はピークで、トマ、オキはそれぞれ、「手前」「向こう」の意。

・遡行(そこう)
沢登り等で、川を下流から上流に向かって、遡る(さかのぼる)こと。

・ゾンディーレン(ぞんでぃーれん)
さぐりを入れること。登山では特に、雪崩による埋没者を探索するためにゾンデ棒やストック、ピッケル等で探ることを言う。

登録数:42


検索したいキーワードを直接入力するか、単語の仮名を入力して検索ボタンを押してください。

HOME