山岳用語集


| 山岳用語集のトップ | 管理用 |

や行

| 野営(やえい) | やせ尾根(やせおね) | ヤッケ(やっけ) | 薮(やぶ) | 薮漕ぎ(やぶこぎ) |
| 山スキー(やますきー) | 山ヤ(やまや) | U字谷(ゆうじだに) | 雪団子(ゆきだんご) | ユマール(ゆまーる) |
| ユマーリング(ゆまーりんぐ) | 呼び子(よびこ)
・野営(やえい)
キャンプ

・やせ尾根(やせおね)
左右の山腹がそぎ落とされて、細くなった尾根。山によって、馬の背、刃渡り、金冷やし等と呼ばれることがある。

・ヤッケ(やっけ)
本来は防風着の意。雨具として使え、雨雪兼用に使える。

・薮(やぶ)
雑草や雑木などが密集して生えている地形。笹やススキなど。非常に歩きにくい。

・薮漕ぎ(やぶこぎ)
藪の中を前進すること。

・山スキー(やますきー)
ゲレンデではなく、整備されていない山でやるスキー。または、その板のことを呼ぶ場合もある。板は通常、操作しやすくするため、短めのものを使用する。また、先端にロープを付けて荷物運搬用にするため穴が開いている。ビィンディングはかかとが解放できる様になっていて、登る時は、スキーの裏側に滑り止め(シール)を付けて、かかとを自由にして登っていく。下りを滑る時はかかとを固定して、ゲレンデスキーと同様に滑る。

・山ヤ(やまや)
山の好きな人。趣味で山をやっている人。山を売っている訳ではない。登山家の意味で使われる場合がある。岳人。「山ヤ」と書く場合が多い。

・U字谷(ゆうじだに)
氷河の侵食によって生じた、U字型の横断面をもつ谷。

・雪団子(ゆきだんご)
春先など雪が腐ってくると、アイゼンの裏側に雪が付着しやすくなる。これが団子の様に大きくなった状態のこと。通常、ピッケルで叩いて落とす。アイゼンプレートを予めアイゼンに着けておくと雪団子が着きにくい。

・ユマール(ゆまーる)
固定したロープにかけて使う登攀用具。一方向にのみロープが滑るようになっている。

・ユマーリング(ゆまーりんぐ)
垂直のロープを登ること。アッセンダー。登高器のことをユマールという。[アッセンダー]

・呼び子(よびこ)
笛。ホイッスル。

登録数:12


検索したいキーワードを直接入力するか、単語の仮名を入力して検索ボタンを押してください。

HOME