登山日:2017/09/03
『日本百名山』著書の深田久弥終焉の地である茅ヶ岳
茅ヶ岳(かやがだけ)1,704mは、山梨県の北杜市と甲斐市に属する山で奥秩父山地の南(西)部に位置する。

アクセス:韮崎ICから県道27号線の昇仙峡ラインを7㎞ほど行くと左側に深田記念公園駐車場がある(トイレあり)

[深田記念公園駐車場]

 深田記念公園から登山案内板に沿って、雑木林のなかの林道を進む。

[案内標識]
[雑木林の道]
[林道出会い]
[水場]
[灌木の道]

 雑木林を進む(1.4㎞)と明野からの林道に出る。林道を横切ってさらに進むと水場がある。女岩の水場は崩落の危険があるために立ち入り禁止となっているため、ここが最終水場。

[女岩 ]

 やがて女岩に突き当たる。女岩は岩壁崩落の危険があるために立ち入り禁止となっている。右手の急坂をしゃにむに登って女岩のコルの尾根に出る。金峰山方面の眺望が得られ、ほっとするところだ。

[ゴロ岩の登り]
[女岩のコル]
[深田久弥終篤の地]
[茅ヶ岳山頂]
[遠望に金峰山 ]

 女岩コルを左に尾根を登るとすぐに深田久弥終焉の碑がある。昭和46年の春、頂上を目前にしてここで逝った(合掌)。 なおも急坂が続き、やがて茅ヶ岳頂上に着く。

[山頂から甲斐駒ケ岳]
[山頂から富士山の展望 ]
[鳳凰三山]
[金峰山 ]
[石門]

 茅ヶ岳頂上から、金ヶ岳に向かい北面の急坂を下る。鞍部を過ぎて登り返すと石門がある。茅ヶ岳と金ヶ岳とのほぽ中間地点だ。石門をくぐり抜け、尾根を登りつめると樹木におおわれた金ヶ岳南峰に着く。ここから分かれる観音峠方面への道は岩場が多い。

[茅ヶ岳 ]
[金ヶ岳南峰]
[金ヶ岳山頂 ]
[金ヶ岳から甲斐駒ケ岳]
[金ヶ岳山頂から茅ヶ岳と富士山]

 南峰からは大きな登り下りもなく金ヶ岳北峰に着く。金ヶ岳北峰は西峰面が開かれて南アルプスの展望台である。登ってきた方面を振り返ると茅ヶ岳が小さなコブのようだ。
なるほど金ヶ岳の方が茅ヶ岳より60mほど高い。富士山が茅ヶ岳の真後ろに望める。

[金ヶ岳から明野に向かう]
[ヤセ尾根で足元注意 ]
[金ヶ岳から明野に向かう]

 
 
 
 金ヶ岳から南西に急坂を下る。はじめは石の多い道で歩きにくい。少し下ると左に茅ヶ岳が見える。ほぼ一本道の下りである。道がゆるやかになり、山腹を巻き、やがてカラマツ林を通るようになって林道に下り着く。

明野登山口に下山です。ここから林道を深田記念公園まで約3.3㎞を歩くことに。

■ルートマップ