薙刀山 1,647m

白鳥町石徹白と福井県境のやまで、白山から南に伸びる山稜上の優美な山容の山。
登山日:2015/03/11

[石徹白登山口]

 白山から南に伸びる山稜上の優美な山容の山で、郡上市白鳥町と福井県大野市の境界上にある。登山道はなく、一般的なルートとしては、石徹白から残雪期に登る。(無雪期は猛烈なヤブ漕ぎ)白山中居神社前駐車場からしばらく和田山林道を歩く。今年は雪が多く林道も1mほどの積雪である。雪質は重く、スノーシューを装着して登る。

[小白山谷の橋]
[樹林帯の林道跡]
[和田牧場跡]

 和田山牧場跡には2時間ほどで到着する。標高1097mのこの高原は、展望を遮るものは何もなく、大パノラマ台地です。別山、芦倉山、丸山、奥美濃の山々と、西に続いているのが、これから登る薙刀山から野伏ケ岳、小白山だ。雲のない空にくっきりと浮かんだ雪山はとても美しい。

[別山を望む]
[芦倉山を望む]
[和田牧場跡から願教寺と別山を望む]
[和田牧場跡から願教寺と別山を望む]
[遠望に薙刀山]

 薙刀山は、堂々とした三角錐の野伏ケ岳の右奥に見える。和田山牧場跡のほば中央を直線的に進む。積雪は2mを超えている。高原景色は、郷愁を誘う風景である。池も雪に埋まって、どこまでも真っ白な白銀の世界である。

[野伏ヶ岳]
[推高谷に向かう]
[推高谷に沿って]

 和田牧場跡の池を通り過ぎると野伏ヶ岳の北東尾根末端に到着する。右側は推高谷左俣である。推高谷は深い谷間である。野伏ヶ岳の北東尾根山裾を巻くようにして野伏ヶ岳北東側に回り込んでいく。右側は推高谷左俣で谷に沿っているので滑落に注意。

[野伏ヶ岳]
[傾斜のきつい山腹]
[推高谷に沿って]

 350mほど進むと野伏ヶ岳の北東尾根から北に伸びる尾根をトラバースしながら1,275mから1,320mの台地に上がりこむ。少し下り180mほど登り上がるとなだらかな薙刀平に着く。

[野伏平に向かう]
[薙刀平]
[山頂尾根に向かう]

 雪丘を越えて行くと山頂直下になる。時期によっては雪に亀裂が入りクレバスに注意も必要。山頂は展望が広がり白山や石徹白の山々は言うまでもなく、西に荒島岳、赤兎山、大長山、経ヶ岳など奥越の山並みと展望が楽しめる。

[野伏ヶ岳]
[薙刀山]
[野伏ヶ岳を望む]
[野伏ヶ岳を望む]
[白山]
[白山を望む]
[芦倉山・丸山の後方の乗鞍&御岳]
[芦倉山・丸山の後方の乗鞍&御岳]
[左から経ヶ岳・赤兎山・大長山]
[左から経ヶ岳・赤兎山・大長山]
 

 
 
 

コースと時間

神社駐車場 (7:10)⇒和田牧場跡(8:30)⇒推高谷左俣(9:40)⇒山頂(12:10/12:30)⇒和田牧場跡(15:00)⇒神社駐車場(16:10)

■アドバイス

①山頂まで距離があるので、雪質により所要時間が大幅に異なる。また時期が遅いと、推高谷が渡れないこともあるので、十分注意したい。