孤高を誇る秀麗な山容
伊吹山 1,377m
孤高を誇る秀麗な山容の伊吹山は、多くの薬草を育成していることでも名高いです。花の春山も好きですが積雪期の山も大好きな山の一座です。

 スキー場が廃業されてリフトが利用できなくなり三合目までは林道を登ることになります。林道が過ぎると雪もしまっておりアイゼンを装着して登る。三合目からはスキー場跡内を通る。
[一合目 ]
[三合目]
[スキー場跡 ]
[正面のルンゼに向かう]
 三合目からはスキー場跡内を通り、こんもり隆起したところを右にトラバース気味に巻き、五合目に向かう。このあたりまでは傾斜もゆるく景色を楽しみながら登ることができる。

 五合目あたりから傾斜もきつくなり右鞍部に向かって直登。最後の300mぐらいは更に急峻となる。登りあがると頂上一帯は東西に広がる台地です。

[急峻な登り ]
[鞍部に向かう]
[山頂の大地 ]
[伊吹山山頂]
 伊吹山寺に向かって登り右手売店(軒下まで雪に埋まっている)の先が山頂。山頂からは360度の大パノラマが展開。下山は、往路を下山です。
北尾根方面の山々
北尾根方面の山々
南側の霊仙
南側の霊仙

■ルートマップ

 
 
 
 
登山口(7:20)→避難小屋(9:00)→山頂(11:00)
山頂(12:00→登山口(14:00)