剱 岳Ⅰ

menu HOME 日本アルプス編 新中部低山編 全国山小屋集

no0003.jpg

アクセス

eki_map2.gif 富山地方鉄道立山線の立山駅付近に数カ所に無料駐車場が設けられている。
 ここ立山駅から美女平まではケーブルカー(片道700円)に乗る。美女平から室堂までは高原バスに乗り換え(片道1660円)て室堂に着く。
←立山駅案内


■登山日:2010/09/14・15・16

室堂~剱沢小屋

0005.jpg       雷鳥平を望む 室堂ターミナルから遊歩道をたどる。テント場のある雷鳥平をすぎて、浄土沢を渡る。沢を渡ってすぐ左に折れ、その先で、新室堂乗越へ向かう道と分かれて右に入る。ここが雷鳥坂の取付。別山乗越まで標高差約500mの登りです。
0017.jpg      急登の雷鳥坂 ガレた沢筋の登りから尾根上へ出て、ハイマツ帯のつづら祈りが続く急登を行く。 2530mをすぎたあたりで傾斜がひと段落する。コバイケイソウのお花畑に沿って左上する。箱庭のような室堂平や、立山連峰、奥大日岳などの展望が、登るほどに広がっていく。
 2560m付近から再び急登となり、雷鳥沢上部のすべりやすい斜面の急登をつづら折りに登り続けると、剱御前小舎の建つ別山乗越に出る。

0020.jpg剱御前小舎の建つ別山乗越

【室堂~別山乗越 2時間50分】
0023.jpg   剱沢を下り剱沢小屋に向かう 剱岳登頂のベースとなるのは、剱御前小舎、剱沢小屋、剣山荘の3軒です。今回は、剱沢小屋をペースとする。また、別山乗越からは直接剣山荘へ下るルートもある。剱沢小屋には、別山乗越から剱沢上部を別山側へ巻くようにして下る。0036.jpg     宿泊先の剱沢小屋途中小さな岩場を通過して下っていくと、やがて傾斜が落ちて別山からのルートが右手から合流する。ガレた登山道をたどると剱沢野営場へ出て、剱沢小屋に着く。

0190.jpg剱沢野営場から剱岳を望む

【別山乗越~剱沢小屋 40分】

剱沢小屋~剣山荘

0041.jpg      剱山荘 剱沢小屋の建物西横を沢に下る。下ったところに雪渓がある。この時期は雪渓も小さくなり河原を渡る。時期により雪渓が残り横切る。河原を渡り広いお花畑の中に続く傾斜の緩い道をたどる。岩が点在し、登山道との見分けがつきにくい。特に暗い時間帯や視界不良時には迷いやすい。ヘッドランプを照らしている時も足もと以外の広く周囲を照らして石にペンキでマーキングされたルートの方向を確認するようにしたい。やがて剱御前小舎から下ってくるルートが左手から合流し、剣山荘に着く。

0045.jpg鹿島槍ヶ岳からの御来光

剣山荘~前剱

0050.jpg   一服剱へのクサリ場 剣山荘からは、お花畑を右上して一服剱へ登る。ピークに立つと前剱が大きくせまっている。0060.jpg     一服剱一服剱から前剱との鞍部に下りたところが武蔵(たけぞう)のコル。0059.jpg    一服剱から険しい前剱ここから稜線の右手、剱沢側のトレイルをたどる。登るほどに足もとの不安定なガレ場の急登となり、スリップや落石に要注意だ。この付近はいく筋も踏跡が錯綜し、ルートファインディングが難しい。やがて狭い溝のようになったガレ場に入ると、上部に今にも落ちそうな大岩が見えてくる。0065.jpg     前剱の大岩これが前剱大岩で、岩の左側をクサリに導かれて越えていく。岩溝を抜けたところから、4番目のクサリ場を通り、すべりやすい岩場を登りつめると稜線へ出る。前剱山頂には直登と(登りコース)と左山腹をトラバースするコース(下りコース)が設けられている。直登は危険があるために東大谷(左側)を巻いていく道を通ってから山頂に登ることをアドバイス。
0078.jpgsupesu1.png0179.jpg
  前剱直下・登下降分岐          前剱
【剱沢小屋~前剱 2時間30分】



photo02.gif

map901.jpg※画像をクリックすると大きな画像で見れます。