■登山日 2007/09/02~23


大きな地図で見る

 飛騨山脈の西に横たわる両白山地は、富山、石川、福井、岐阜の四県にまたがる。この山脈の盟主白山を中心とした白山国立公園は、日本海からの季節風の影響を直接受けて積雪景が多く、残雪や水が豊富なことから、高山植物が大群落を形成するのが特徴。

第一日

0001.jpg       登山口 白山は、石川県側から登るルートが中心だが、岐阜県側の白川村大白川温泉から平瀬道の大倉尾根を登る。ブナ林の道は変化に富み、避難小屋もあって安心して楽しむことができる。秋の紅葉は白山登山道の中でも随一の美しさを誇る。


0019.jpg      爽やかなブナ林の道 登山はブナ林の中のよく整備された道。ダケカンバも混り、樹間から白水湖を眺めながら尾根上に出ると、傾斜は緩くなり眺望も開けてくる。主峰の御前峰や剣ヶ峰も見えてくる。


0020.jpg別山、三ノ峰連山

0017_2.jpg      大倉山避難小屋 南側が崩壊した見晴らしのよい尾根を進み、大倉山の山頂付近を通過して、まもなく大倉山避難小屋に着く。トイレはないが、丸太作りの立派な小屋で荒天の時にはありがたい存在だ。


0004.jpg御前峰山頂と剣が峰


 ここからは鞍部まで下り大倉尾根の最後の登りにかかる。この辺りは早い時期には残雪があるので気をつけたい。
0005_2.jpg       カンクラ雪渓 花の多い道を登ると、やがて右手にカンクラ雪渓が現われ、剣ヶ峰や御前峰も間近かになってくる。白水湖を眼下に見ながら急坂を登り切ると平坦な道となり、賽ノ河原と呼ばれる辺りで尾根上の展望歩道と合流する。あとはお花畑の中の道を進み室堂に着く。
10photo02.jpg     室堂ビジターセンター 室堂にはセンターハウスや診療所、大規模な宿泊施設がある。センターで受付けを済ませ、今日はここで宿泊。


第2日

0010.jpgsupesu1.png1005.jpg
     御前峰から室堂            御前峰山頂
 御前峰から池巡り。 早朝、宿舎からは御来光を見る人がいっせいに御前峰を目指す。御前峰から大汝峰などを巡り、山頂部の花や池などを楽しんで下山。

1003.jpg山頂から大汝方面を望む

 下山は往路を戻るが、ところどころに滑りやすい箇所もあるので気をつけたい。大白川温泉に着いたら露天風呂が待っている


平瀬登山口(3h00)→大倉山避難小屋(1h40)→大倉尾根分岐(0h20)→室堂(0h40)→白山御前峰(1h10)→室堂(0h15)→ 大倉尾根分岐(1h00)→大倉山避難小屋(2h00)→平瀬登山口


map_0650.jpg※画像をクリックすると大きな画像で見れます。