■登山日 2011/02/26


大きな地図で見る


400_0001.jpg       地吹雪で見通しが悪い 八方尾根から丸山まで登ろうと早朝にスタートする(雪山2回目)。モーレツな風に降り積もった雪が舞い上がる地吹雪に見舞われた。完全防御でも顔面に叩きつけられて痛い痛い・・・。風速も10m以上はあっただろうか、視界が効かないほどでしばし歩行を止めて耐風姿勢を取りながら登り執拗に時間を費やした。
 八方尾根の山麓からゴンドラとリフトを乗り継いで、八方池山荘まで行きここから登り始める。この時期は尾根の雪も多く、夏道は埋もれている。白馬三山を始め五竜岳、鹿島槍ガ岳を眺めながら八方山のケルンを目当てに向かう。第ニケルン付近から第三ケルンの登りの斜面は広大な雪田が広がっている。第ニケルンに公衆便所の小屋があるが風除けで休息を取る。八方池山荘から第三ケルンの間は積雪量も多くスノーシューを使用した。
 下ノ樺の尾根を技けると、広々とした急斜面を直登する。尾根に出て鋭く右に折れる地点。下山時、見通しが悪いときは迷いやすいので注意したい。上ノ樺から先も尾根伝いにしばらく急な登りが連続する。ドーム状のピークが丸山だ。広大な斜面はケルンを目印に直登する。丸山に立つと、不帰東面が大迫力で美しい。  

400_0004.jpgsupesu1.png400_0007.jpgsupesu1.png400_0010.jpg
  八方山荘からの登り         美しい雪紋           白馬岳が美しい400_0015.jpgsupesu1.png400_0016.jpgsupesu1.png400_0017.jpg
     八方ケルン         五竜岳の雄姿         八方尾根は地吹雪400_0072.jpgsupesu1.png400_0076.jpgsupesu1.png400_0077.jpg
    下ノ樺への登り        丸山への登り          丸山ケルン

2011_02_26_0511.JPG丸山と不帰ノ嶮


八方山荘(8:40)~八方山(9:00)~第3ケルン(9:40)~丸山ケルン(11:10/11:25)~八方山荘(13:35)

map01.jpg
※画像をクリックすると大きな画像で見れます。

slaido2.jpg※ボタンを押下するとスライドが見れます。