高見石&東天狗岳 2,646m


大きな地図で見る

アクセス

 中央自動車道諏訪ICからR152号線(メルヘン街道)に入り東進する。茅野市湖東地内から県道の191号線に入り奥蓼科方面にに東進して191号線の終点が渋御殿湯となる。渋御殿湯の有料駐車場(一日1,000円)に駐車する。駐車場横にトイレあり。バス停あり。



■渋ノ湯から高見石、中山展望台を経て黒百合平へ
▼コースタイム3時間50分 累積標高差740M
P9160935.JPG      登山口となる渋御殿湯 渋御殿湯前の渋ノ湯バス停から渋川沿いの道を上流へわずかに進むと、堰堤前にかかる橋のたもとに登山補導所がある。ここが登山口である。 橋を渡ると、すぐに黒百合平への道との分岐がある。高見石へは左へ、渋川の左岸を上流側へ進む。P9160940.JPG      渋川に沿って行く
石積みの治山堰堤の上を通り、樹林のなかで黒百合平への道をもう一度分ける。少し下って本流に注ぐ支流を2回、木橋で渡ると、おだやかな道になる。草地やダケカンバ林に続く道をごくゆるやかに登っていく。 じきに渋川本流を左岸から右岸へと渡る。
P9160942.JPG      何度も木橋を渡るこの付近で水流はほとんど消える。この先、道は増水時の迂回道と二分する。右岸を直進するのが迂回道で、通常は、涸れた本流を渡って左岸の樹林帯を・登っていく。10分ほどで右岸に戻り、迂回道を合わせるとやや傾斜か増してくる。
P9160961.JPG      増水時の迂回道と二分 それまで視界をさえぎった針葉樹は、しだいに樹高を低め、足もとにはゴロゴロとした岩か目立ってくる。 登山道沿いにシャクナゲが増えてくると前方の視界か大さく間け、濃い灰色の岩石が斜面を埋めつくす賽ノ河原が広がる。コースは扇状に広がる岩石帯の北縁近く、浅い谷の中央を登っていく。赤と白のペンキ印に導かれ、岩石帯を進むと登山道左手に賽ノ河原地蔵がある。かたわらの岩にブレートがあり、地蔵の来歴が紹介されている。


P9160985.JPG賽ノ河原地蔵

P9160989.JPG      賽ノ河原 この先、両側にハイマツやコメツガの緑が増えてくると、登山道は左(北)へほぼ直角に析れる。この地点の標高は約2180m、登山道を仕切るグリーンロープと樹木につけられた赤布が目印になっている。賽ノ河原の最上郡を背にして、北へわずかの間、急登すると、傾斜のなだらかな針葉樹林に入る。
P9161011.JPG     高見石から白駒池を望むこれまでの景観とは一変して、道は林床が苔むしたシラビソやコメツガの原生林に続き、静かな深山の雰囲気に包まれる。 丸山からの道に合わさり、東へ折れて平坦な道をたどると、高見石小屋の前に出る。高見石は小屋のすぐ裏手。折り重なった岩塊の上によじ登ると、眼下に原生林の樹海が広がり、白駒池が青い水面を輝かせている。
P9161029.JPG     中山展望地から天狗岳 次のポイント、中山展望台へは高見石小屋前の広場からいったん西へ進む。はじめ方向にとまどうが、登山道はすぐに南ヘカーブし、中山を正面にして直線的に登っていく。シラビソ林に入り、岩のゴロゴロとした道になると、傾斜がじわじわと増してくる。急登ではないが、やや単調で長く感じる坂道です。 中山の山頂部の北端に達し、低木のコメツガやシャクナゲの樹間をぬけると岩礫が広がる。ここが中山展望台だ。あたり開け、中央アルプスや御嶽山、北アルプスの眺めがよい。
P9161049.JPG     黒百合ヒュッテ中山展望からは、南東へ折れて樹林帯に入ってわずかに登ると登山道沿いに中山の頂上標柱があるが樹林で展望はない。中山からシャクナゲの多い斜面を南東へ下り、平たな道を進むと、にゅう分岐に出る。その先、稜線をゆるやかに下る。双耳峰の天狗岳をよく望めるポイントをすぎると十字路になった中山峠に出る。西に折れて木道をたどると心地よい草原が開け、黒百合ヒュッテの建つ黒百合平に着く。 今日はここで宿泊とする。


map_650_01.jpg※画像をクリックすると大きな画像で見れます。