Report 

木平の駐車場にはトイレ設備もあるがこの時期は凍結もあるために使用禁止となっています。

カラマツ林が覆う林道を千曲川水源ルートを進む。千曲川信濃川水源になる西沢に沿って針葉樹林の苔むした原生林の魅力を味わいながら登る。途中にナメ滝があり、ここから水源まで3㎞ほどで標高475m程度登ることになる。水量がぐっと少なくなり針葉樹に囲まれた千曲川信濃川水源地標がある広場にでる。沢に降りると湧き水の水源でコップも備えてあり水補給をする。

Report 

木平の駐車場にはトイレ設備もあるがこの時期は凍結もあるために使用禁止となっています。

カラマツ林が覆う林道を千曲川水源ルートを進む。千曲川信濃川水源になる西沢に沿って針葉樹林の苔むした原生林の魅力を味わいながら登る。途中にナメ滝があり、ここから水源まで3㎞ほどで標高475m程度登ることになる。水量がぐっと少なくなり針葉樹に囲まれた千曲川信濃川水源地標がある広場にでる。沢に降りると湧き水の水源でコップも備えてあり水補給をする。

Report 

木平の駐車場にはトイレ設備もあるがこの時期は凍結もあるために使用禁止となっています。

カラマツ林が覆う林道を千曲川水源ルートを進む。千曲川信濃川水源になる西沢に沿って針葉樹林の苔むした原生林の魅力を味わいながら登る。途中にナメ滝があり、ここから水源まで3㎞ほどで標高475m程度登ることになる。水量がぐっと少なくなり針葉樹に囲まれた千曲川信濃川水源地標がある広場にでる。沢に降りると湧き水の水源でコップも備えてあり水補給をする。

Report 

水源地標のある広場から急登となり国師岳分岐まで標高差200mほど登ると分岐の尾根上に着く。左に進んでさらに標高差135mほどアップダウンを繰り返し、最後の登りで灌木の林を抜けて、さらにガラ場を登ると一気に展望が開けて山頂に着く。八ヶ岳連峰はもちろんのこと素晴らしい富士山の展望が得られる。甲武信小屋には南に進み標高差115mぐらい灌木内を下ると木賊山との鞍部に甲武信小屋に着く。

Report 

水源地標のある広場から急登となり国師岳分岐まで標高差200mほど登ると分岐の尾根上に着く。左に進んでさらに標高差135mほどアップダウンを繰り返し、最後の登りで灌木の林を抜けて、さらにガラ場を登ると一気に展望が開けて山頂に着く。八ヶ岳連峰はもちろんのこと素晴らしい富士山の展望が得られる。甲武信小屋には南に進み標高差115mぐらい灌木内を下ると木賊山との鞍部に甲武信小屋に着く。

Report 

水源地標のある広場から急登となり国師岳分岐まで標高差200mほど登ると分岐の尾根上に着く。左に進んでさらに標高差135mほどアップダウンを繰り返し、最後の登りで灌木の林を抜けて、さらにガラ場を登ると一気に展望が開けて山頂に着く。八ヶ岳連峰はもちろんのこと素晴らしい富士山の展望が得られる。甲武信小屋には南に進み標高差115mぐらい灌木内を下ると木賊山との鞍部に甲武信小屋に着く。

手の中に映る世界。

原生林を抜けて奥秩父の中核の名峰に日本一長い千曲川信濃川の源流を訪ねて自然の魅力を味わう。

手の中に映る世界。

原生林を抜けて奥秩父の中核の名峰に日本一長い千曲川信濃川の源流を訪ねて自然の魅力を味わう。

手の中に映る世界。

原生林を抜けて奥秩父の中核の名峰に日本一長い千曲川信濃川の源流を訪ねて自然の魅力を味わう。

ルートマップ

ルートマップ

ルートマップ


甲武信ヶ岳 2,475m


甲武信ヶ岳 2,475m


甲武信ヶ岳 2,475m