厳しくも美しい鎌ヶ峰!!

 鎌ヶ峰(1,666m)は大日ヶ岳の南に派生する尾根上の鋭いピラミダルなピークの前衛峰です。東面の前谷側は鋭く切れ落ちて痩せた雪稜となり雪庇も発達して厳しいルートです。融雪時は雪崩に要注意です。
登山日:2016/02/28

[厳しく美しい鎌ヶ峰]
厳しく美しい鎌ヶ峰
[水後山ピーク]

 ウイングヒルズスキー場のゴンドラで一挙にH1350m頂上駅に着へ。フィールドの状態は前日の降雪で40cm程度の積雪がありスノーシューの装着をして登る。フィールドはノントレースで白銀の新雪を踏みしめて登る。天気も幸い晴れ上がり目指す鋭い鎌ヶ峰が待ち構えている姿は神々しくさえ見える。

[ウイングヒルズスキー場 ]
[ゴンドラ頂上]
[樹氷が美しい雪稜]
 P1,391mからブナの大木など落葉樹を抜けると見晴らしも良くなり、ヤセ尾根になる。東側面が切れ落ちて雪庇が多く東側面の灌木に沿って登る。急登と平坦を繰り返して稜線を登ると水後山直下の急斜面となり登りきるとP1,559mの水後山に着く。
[水後山を目指して]
[水後山から鎌ヶ峰を望む]
東面の前谷側は切れ落ちて雪庇も多い
東面の前谷側は切れ落ちて雪庇も多い
[目指す鎌ヶ峰が]

 水後山から鎌ヶ峰にピラミダルな尾根が連なり、東側面は切れ落ちて雪庇も多く西側面も傾斜がきついが灌木に沿って登る。途中、露岩があるが雪で埋もれているため西斜面の灌木斜面を巻いて登る(スリップに注意)。

[ノントレースを行く]
[斜登も厳しく]
[山頂直下から御岳を望む]

 鎌ヶ峰直下は傾斜が40°超となり西斜面にトラバースして巻き上がって登頂する。ちなみに西斜面は水後谷に700mほどの傾斜です。

[厳しい斜塔で山頂に  ]
[大パノラマの山頂]
山頂から御岳山を望む
山頂から御岳山を望む
登ってきた雪稜を望む
登ってきた雪稜を望む
遠望にドーンと白山
遠望にドーンと白山
遠望に野伏ヶ岳の峰々
遠望に野伏ヶ岳の峰々

■ルートマップ

 
 
 
 

所要時間

所要時間:ゴンドラ頂上~(1:35)~水後山~(2:00)~鎌ヶ峰山頂