CONTENTS


Photographs

徳澤園・カツラの木

 徳沢の「カツラ」の紅葉が見どころです。このカツラの木、黄葉後の霜がおりた日の朝、太陽の光が当たり始めると約1~2時間ですべての葉を落とし、黄金の絨毯を作り上げるという素敵なショーをみせてくれるのです。まさに圧巻!「神秘」の時間です。

屏風岩

 横尾橋を渡り横尾谷に沿って涸沢に向かうと。横尾谷を通して西面に屏風岩が聳えてその裾に鮮やかな色をつけての紅葉がみどころです。

涸沢Sガレ

 涸沢に近くなるSガレは紅葉も見所が多くなる。カメラマンのシャッター音も多くなる。ナナカマドも多くなってくる。

涸沢

 ナナカマドも多くなり涸沢のモーレンと涸沢岳・穂高を眺める光景がビューポイントでカメラマンも多く見られます。

涸沢

 涸沢は紅葉の見ごろは、ナナカマドの紅葉が最高潮になり秋の涸沢も四季を通じて一番色彩の豊かな季節となる。

涸沢ヒュッテ

 涸沢ヒュッテのテラスで熱いコーヒーを飲みながら涸沢一帯の紅葉をながめる。至福の一時である。涸沢小屋が不思議と宮殿に見えるのである・・・。一息ついたのちは、北穂沢から北穂岳に向かい今宵は北穂小屋に宿泊。

北穂沢

 たっぷりと鮮やかな色彩の中に身をおいていると都会の疲れも消えていく。北穂の南稜に向かっていく。

晩秋の穂高

 北穂高から黒茶けた岩稜の兜をかぶった晩秋の奥穂高岳は、幽玄な雰囲気だ。