Report Ⅰ

標高2000mにも満たない山ですが、登山コースは大半か岩場のルートでクサリ場も多い。とくに垂直の胸突き岩から蟻ノ戸渡と言われるナイフリッジを通り、剣ノ刃渡と続く箇所は注意が必要です。しかし、そうしたスリルある岩稜通過やピークからの素晴らしい展望により、登山者に人気の山となっています。戸隠奥社入口から大鳥居をくぐり、樹林の中、まっすぐ奥社へと続く参道を進む。中はどの随神門をくぐると両側か古杉の並木が続く。杉並木が終わりゆるやかに登っていくと石階段となり、さらに登ると岩壁を背にしたおごそかな雰囲気の戸隠神社奥社に着く。登山口の案内と登山届のボックスがある。

戸隠神社参道
随神門
登山口・登山届ボックス
戸隠の鋸状の稜線

Report Ⅰ

標高2000mにも満たない山ですが、登山コースは大半か岩場のルートでクサリ場も多い。とくに垂直の胸突き岩から蟻ノ戸渡と言われるナイフリッジを通り、剣ノ刃渡と続く箇所は注意が必要です。しかし、そうしたスリルある岩稜通過やピークからの素晴らしい展望により、登山者に人気の山となっています。戸隠奥社入口から大鳥居をくぐり、樹林の中、まっすぐ奥社へと続く参道を進む。中はどの随神門をくぐると両側か古杉の並木が続く。杉並木が終わりゆるやかに登っていくと石階段となり、さらに登ると岩壁を背にしたおごそかな雰囲気の戸隠神社奥社に着く。登山口の案内と登山届のボックスがある。

Report Ⅰ

標高2000mにも満たない山ですが、登山コースは大半か岩場のルートでクサリ場も多い。とくに垂直の胸突き岩から蟻ノ戸渡と言われるナイフリッジを通り、剣ノ刃渡と続く箇所は注意が必要です。しかし、そうしたスリルある岩稜通過やピークからの素晴らしい展望により、登山者に人気の山となっています。戸隠奥社入口から大鳥居をくぐり、樹林の中、まっすぐ奥社へと続く参道を進む。中はどの随神門をくぐると両側か古杉の並木が続く。杉並木が終わりゆるやかに登っていくと石階段となり、さらに登ると岩壁を背にしたおごそかな雰囲気の戸隠神社奥社に着く。登山口の案内と登山届のボックスがある。

Report Ⅱ

社務所の横からいよいよ登山道へと入る、小さな沢を渡り尾根に取り付く。岩根を踏んで急な登りが続く。やがて、岩壁の下部に横に長く掘られたようになっている五十間長屋を右手に通り過ぎ、左に回り込むとさらに大きな岩壁の百聞長屋に出る。その下を通り、左の尾根へと登る。ところどころ岩場が現われる。岩壁の中段には穴かあり、なかに小さな祠と石仏か祀られた西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。

鋭い岩壁に向かう
五十間長屋
岩壁を回り込む
百閒長屋
百閒長屋の石仏
西窟

Report Ⅱ

社務所の横からいよいよ登山道へと入る、小さな沢を渡り尾根に取り付く。岩根を踏んで急な登りが続く。やがて、岩壁の下部に横に長く掘られたようになっている五十間長屋を右手に通り過ぎ、左に回り込むとさらに大きな岩壁の百聞長屋に出る。その下を通り、左の尾根へと登る。ところどころ岩場が現われる。岩壁の中段には穴かあり、なかに小さな祠と石仏か祀られた西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。

Report Ⅱ

社務所の横からいよいよ登山道へと入る、小さな沢を渡り尾根に取り付く。岩根を踏んで急な登りが続く。やがて、岩壁の下部に横に長く掘られたようになっている五十間長屋を右手に通り過ぎ、左に回り込むとさらに大きな岩壁の百聞長屋に出る。その下を通り、左の尾根へと登る。ところどころ岩場が現われる。岩壁の中段には穴かあり、なかに小さな祠と石仏か祀られた西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。

Report Ⅲ

西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。5mほどのクサリを登ったところか天狗ノ露地だ。その台地からは西岳の稜線か近くに見える。ここからかハ方睨コースの核心部となる。やせた岩稜とクサリ場か次々と連続する。やがて胸突き岩に出るクサリを登り、一度右に回り、再び登れぱ八方睨が眼前に追ってくる。ここからか一番の難所、蟻の塔渡だ。幅50㎝ほどのナイフリッジの稜線は両側が切れ落ちており、約20m慎重に岩稜を渡っていく。蟻の塔渡に続いて、剣の刃渡を超えて、さらに急な岩尾根とチムニーを登り切ると、八方睨の頂に立つ。小広い台地になっており展望が素晴らしい。北アルプス北部や高妻山の山容が目を引く。

天狗の露地
胸突き岩
蟻の塔渡
蟻の塔渡・剣の刃渡
八方睨直下のチムニー
八方睨山頂

Report Ⅲ

西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。5mほどのクサリを登ったところか天狗ノ露地だ。その台地からは西岳の稜線か近くに見える。ここからかハ方睨コースの核心部となる。やせた岩稜とクサリ場か次々と連続する。やがて胸突き岩に出るクサリを登り、一度右に回り、再び登れぱ八方睨が眼前に追ってくる。ここからか一番の難所、蟻の塔渡だ。幅50㎝ほどのナイフリッジの稜線は両側が切れ落ちており、約20m慎重に岩稜を渡っていく。蟻の塔渡に続いて、剣の刃渡を超えて、さらに急な岩尾根とチムニーを登り切ると、八方睨の頂に立つ。小広い台地になっており展望が素晴らしい。北アルプス北部や高妻山の山容が目を引く。

Report Ⅲ

西窟の下を通り過ぎると岩壁の登りとなる。5mほどのクサリを登ったところか天狗ノ露地だ。その台地からは西岳の稜線か近くに見える。ここからかハ方睨コースの核心部となる。やせた岩稜とクサリ場か次々と連続する。やがて胸突き岩に出るクサリを登り、一度右に回り、再び登れぱ八方睨が眼前に追ってくる。ここからか一番の難所、蟻の塔渡だ。幅50㎝ほどのナイフリッジの稜線は両側が切れ落ちており、約20m慎重に岩稜を渡っていく。蟻の塔渡に続いて、剣の刃渡を超えて、さらに急な岩尾根とチムニーを登り切ると、八方睨の頂に立つ。小広い台地になっており展望が素晴らしい。北アルプス北部や高妻山の山容が目を引く。

大自然の雄大さを味わう。

登山は様々な地形を歩きます。戸隠山のナイフリッジはバランス感覚が重要です。岩場での恐怖感を無くすことも必要となり安全登山のためにもロック体験が必要と思います。

八方睨みから高妻山
北アルプスの眺望
蟻の塔渡
戸隠山の峰

大自然の雄大さを味わう。

登山は様々な地形を歩きます。戸隠山のナイフリッジはバランス感覚が重要です。岩場での恐怖感を無くすことも必要となり安全登山のためにもロック体験が必要と思います。

八方睨みから高妻山
北アルプスの眺望
蟻の塔渡
戸隠山の峰

大自然の雄大さを味わう。

登山は様々な地形を歩きます。戸隠山のナイフリッジはバランス感覚が重要です。岩場での恐怖感を無くすことも必要となり安全登山のためにもロック体験が必要と思います。

八方睨みから高妻山
北アルプスの眺望
蟻の塔渡
戸隠山の峰

ルートマップ

ルートマップ

ルートマップ


戸隠山 1,904m

 

 


戸隠山 1,904m

 

 


戸隠山 1,904m