和良岳<のぼろう隊>

dog_mark_gr.png

和良岳 716m

■登山日 2011/4/14


大きな地図で見る

アクセス

 東海北陸自動車道の郡上八幡ICから国道256号線を東進して堀越峠を通り和良町地内に向かう。和良町地内の中学校前を通り和良町下洞地内の「託老所あゆみ」西側の下洞橋の手前を右折して南進する。二村建設前を通りT字交差点を左折してすぐの道路脇に数台駐車できるスペースがあり土地所有者に承諾を得て駐車をする。(トイレなし)

DATA

和良岳(わらだけ) 標高 715.6m 点名 下洞
2万5千分1地形図名: 郡上市島(飯田)  三等三角点
所在地:郡上市和良町下洞



 和良岳は、基準点名が「下洞」であるが和良村の村名を冠した山である。登山口は国道256号線まで戻り右に下洞橋を渡ってすぐに左に折れて川沿いに進みT字交差点を右に折れて60mぐらい行くと右に民家があり民家との問に登山道の道標も有りここからが山道である。
0003_3.jpgsupesu1.png0005.jpg
      登山口に            登山口
0008.jpg      杉の植林地の道 竹薮の中の山道に入る。杉の木立ちの問から右下には国道が見える。暗い杉の植林地の道を斜上していくと、次の分岐を左にとる。この分岐は右ヘトラバース気味の道の方がはっきりしているので、こちらに入りそうだが、これは支尾根を回り込んでいってしまうようだ。
0012.jpg       急登を登る 足場の悪い植林地の道を急登していくと、道は植林地の上端でブナも混じる雑木林の中に入っていく。支尾根筋を外さないように登っていく。ひとしきり登ると傾斜も緩くなり大きな一本松のあるところに出る。

0013.jpgsupesu1.png0020.jpg
      一本松            和良集落

0021.jpg       尾根上の道 西側はまだ植林したての開けたところで西側の和良集落が見下ろせる。ここから少し登り上がると尾根上の道になり道も明瞭になる。地位山ピークを二度ほどアップダウンを繰り返して行くと三等三角点のある山頂に着く。


0025.jpg          山頂 山頂は深い杉木立ちに包まれていて、展望はきかないが東側が切り聞かれていて、御岳山を望むことが出来る。三角点の横には標柱があり地元の小学校の、子供たちの名前のビッシリ書かれた登頂記念の標識も建つ。

0026.jpg御岳山を望む

 ゆっくりと昼食をして往路を下山する。

0001.jpg姿の美しい和良岳

コースとタイム

駐車位置(10:10)→登山口(10:15)→一本松(10:47)→ヒノキ森(10:52)→山頂(11:10/11:55)→一本松(12:11)→登山口(12:30)→駐車位置(12:36) 

コースマップ(GPS軌跡)

map650.jpg※画像をクリックすると大きな画像で見れます。