台地より
台地より
台地
台地
松高ルンゼ
松高ルンゼ
台地より
台地より
奥又白谷
奥又白谷
新村橋より
新村橋より



奥又白池をめざして
 H15.5.17〜5.18
上高地〜徳沢〜新村橋〜奥又白谷〜最後の合流点〜徳沢
所要時間:8時間


   『奥又白池の旅』     写真・管理者 H15.5.17撮影
 奥又白池は、前穂高岳から梓川の徳沢付近に流れ落ちる、奥又白谷と中又白谷に挟まれた尾根のほぼ中間の台地にある。直径わずか20mほどのやや楕円をした小さな池で、前穂高岳北尾根から見下ろすと小さな瞳のようで可愛らしい。そんな小さな池でありながら岳人からは「奥又の池」とか「又白の池」として親しまれている。

 奥又の池には、徳沢から横尾方面に向かって20分くらいで出会う新村橋で対岸に渡り、梓
川沿いに上流へと向かう。しばらく進むと左から広い川原の押し出しに出会う。これが奥又白
谷である。梓川と別れて左の谷に入る。奥又白谷の左側を進み一段高くなった台地に登る道
があるのでそれに取り付く。しばらく潅木の道を登ると目の前が開け雪渓に出会う。これが松
高ルンゼだ。 雪渓をしばらく登るとヤセ尾根に出会い左右どちらのルートも合流するが合流点
まではかなりの傾斜である。北尾根の岩稜に圧倒される。合流点から更に急傾斜の雪渓を登
ると高台の白池に着ける。上高地から6時間余りを要していたため白池にたどり着くのをあき
らめて徳沢に下山をした。残念であるが次回リベンジをしたい。


カメラ のアイコンをクリックすると画像が見られます。

シアター


HOME