Mountain climbing report  登山日:2015/11/29

アクセス

 東海北陸道の美並ICを降りて国道156号を南下して県道315号に右折する。「美並ふるさと館」への道標に従って粥川谷を遡ると星宮神社や美並ふるさと館がある。星宮神社から奥の林道は狭いがすれ違いポイントも所々ある。星宮神社から約2㎞・標高480mほどの橋のT字路が登山口になっている(登山口の看板有)。数台駐車が可能。(トイレなし)

星宮林道ルート

s002.jpg           登山口標高480mほどの橋のT字路が登山口になっている。登山口には道標がある。なお車は数台の駐車が可能。(トイレなし)


s007.jpg           白髭の滝登山道に入って粥川谷を右岸に渡る。右山側には落差20~30mぐらい糸を引くような滝(白髭の滝)が見られる。


s010.jpg           三枚滝分岐やがて三枚滝の分岐に出会う。三枚滝の分岐を通り沢を左岸に渡る。谷は三本の支流に分かれていて、道は左の谷と真ん中の谷の間の支尾根に付けられている。


s017.jpg           綺麗な小滝しばらくすると正面に真っすぐに落ちる滝が見えるところがある。この滝の上部は急峻な谷で、道はこの滝などを左岸から高巻いて登っていき、やがてこの谷の上流のガラガラした沢沿いに行くようになる。やがて一旦林道らしき道に出てさらに山腹を登る。


s029.jpg           支尾根の案内板道はこの沢から離れ、左手の支尾根に登る。登りあがると支尾根上にはモミの木の大木がある。支尾根の急登を登るとやがて奥瓢との分岐に出る。


s039.jpg             大岩奥瓢との分岐を左に分けて山腹をトラバースして三枚滝から分けた一番左の沢に出る。カラカラしたごろ岩の沢を渡っていくと大岩に出る。さらに沢を渡り返すとやがて水源の水場に出る。さらに急登を登ると瓢ヶ岳の支尾根に出る。支尾根を右に折れていくと展望が開けて瓢ヶ岳山頂に着く。

P1010023.JPG瓢ヶ岳山頂

DSC02887_2.jpg山頂から白山の眺望

s070.jpg           大岩のある奥瓢山頂で展望を楽しんだ後、下山は奥瓢を経由して奥宮登山口に向かう。
山頂から骨平への分岐を左に分けて一旦下り登り返して北西に折れていくと奥瓢に出る。山頂らしくないので標識を見落とすと通り過ぎてしまう。


s075.jpg             奥宮林道への分岐奥瓢から230mぐらい先が中美濃ルートと奥宮ルートの分岐となる。ここの分岐を右の支尾根に沿って下る。ここの下りは激下りで標高差270mぐらいを一気に下り登りの左右ルートの分岐に出る。


s079.jpg             左右ルートの分岐登り下りの左右ルートの分岐からは往路を下山する。途中で三枚滝に立ち寄って静けさの中の滝音を味う。


s101.jpg三枚滝

map_00.jpg※マップをクリックで大きな画像で見れます。

コースタイムは、登り:2時間30分 下り:2時間20分