妙義山は、激しく浸食されたその特異な山容から、古来から神々の下り立つ山として、人々に信仰された山。展望が絶景の岩尾根と連続する鎖場、スリルある箇所も多い表妙義の山群の一角である白雲山の天狗岳、妙義山の最高峰は相馬岳(1,104m )です。

 妙義町の妙義神社前の「道の駅みょうぎ」に早朝に着く。道の駅駐車場から眺める白雲山(相馬岳)は奇岩の林立で迫力のある山容に圧倒される。妙義神社の境内を通り裏門から入山する。登山口の案内板に「大の字・白雲山頂コース(上級者コース)とされたところから登る。古びた石段を上がり日陰の沢沿いと樹林帯を進む。急登には鎖がついている。やがて絶壁が現れ、左に巻きながら登って行く。

[登山口]
[鎖場を登る]

 登山口から40分ほどで大ノ字の基部に着く。大ノ字の垂直の岩の前に立つと気が引き締まる。一本目の鎖の第一歩の歩幅が大きいので第一歩を超えるとホールドできる岩もあり問題なく登れる。全員がスリリングを味わいながら大の字の立つ岩頭に出る。眺めは言うまでもなく絶景である。

[大ノ字への登り]
 
[大ノ字 ]

 大ノ字を下りて、途中から「辻」の中間道との分岐に出る。石の上級者コースへ入って行く。頭上に岩塊が覆い被さってくる。奥の院は両側が切り立った岸壁の奥にある。垂直の岩場で50mほどの三連の鎖を登る。途中で曲がっていて上部は見えない。(難易度は・・・剣の「たてばい」を長くした感じです) 鎖を支えに支点を確保しながら登る。安泰エリアが各所にある。

[奥の院]
 
[最大の難所 ]

 奥の院の難所を超えて、次の見晴らし台のポイントまで幾つかのクサリ場をこなして見晴らし台に出る。空に雲ひとつない。絶景!絶景!である。

[クサリ場が続く]
 
[見晴らし台 ]
見晴らし台からの絶景
見晴らし台からの絶景

 見晴らし台からまもなく垂直の鎖、ビビリ岩である。下を見ると恐怖心が出るので上を見て登ろう。ここは一枚岩になっており足掛かりも浅いために滑りやすい岩である。ヤセ尾根の狭い道を進むと白雲山の山頂へ出る道がある。玉石へ直進できるから見過ごさないようにわずかに下って玉石を巻き大のぞきに向かう

[狭い岩を登りあがる ]
[ビビリ岩]
[オーバーハングした岩頭 ]

 玉石を巻き大のぞきに向かう。やがて南面に突出した岩の大のぞきのピークに出る。「御嶽三社大神」の石碑が立っている。大のぞきのピークから これから臨む天狗岳が切り立って見えて高度を実感する。南方面は奇岩の林立した金鶏山を望むことができる。しばらく展望を楽しむ。

[大のぞき ]
[切り立った天狗岳を望む ]

「大のぞき」から天狗岩に向かうには大のぞきの北面を下る難所のキレットがある。何本かの鎖をおりた先が滑り台状の岩で覗いても着地点が見えない長い岩場を下る。

 

長い長い鎖場で鎖がついているものの岩場の凹凸が少ない。1ピッチごとに指示を出しスリップしないように下り立つ。


[第二見晴から見た天狗岩]

 キレットをよじ登って切り立った天狗岩に登る。岩頭のピークにいるのに怖さはない。四畳半くらいの空間。相馬岳にはいったんタルワキ沢分岐に下ってから登るり返すと相馬岳。

[天狗岩の頂]
[タルワキ沢分岐 ]
相馬岳から裏妙義
相馬岳から裏妙義
石門巡りの石門
石門巡りの石門

■ルートマップ

 
所要時間
妙義山駐車場(6:02)→登山口(6:18)→大の字(7:12/7:30)→辻の分岐(7:47)→奥の院(7:53)→見晴(8:26)→ 玉石(8:43)→大のぞき(9:06/9:15)→天狗岩(9:51/9:53)→タルワキ沢分岐(10:11)→相馬山(10:30/10:47)→タルワキ沢分岐(11:00)→中間道(11:47)→第二展望台分岐(11:54)→大里滝(12:03)→第一展望台分岐(12:05)→ 妙義神社(12:25)→妙義山駐車場(12:20)
■石門巡り
駐車場(13:32)→登山口(13:38)→第一石門(13:49)第二石門(14:00)→第四石門(14:20/14:32)→見晴台(14:41/14:45)→中之嶽神社(14:58)→駐車場(15:05)