360度パンラマの絶景

大日ヶ岳&天狗山 1,709m

大日ヶ岳の雪山は、オープンバーンが美しい、とても魅力的でその醍醐味が体感できる。しかも天狗山までの雪稜の縦走は、360度のパンラマの絶景が味わえる。!!
  標高1550mまでSPゴンドラで一気に輸送する15人乗りゴンドラ、最長4800mのロングクルージング、日本最大級のスーパーパイプなど、とにかくスケールのデカさが魅力の高鷲スノーパークを眺めながらゴンドラの山頂に行きます。
[SPゴンドラ ]
[SPゴンドラ頂上駅から登山]
SPゴンドラ山頂から大日ヶ岳に。スノー・トレッキングで展望の醍醐味が堪能できます。
SPゴンドラ山頂から大日ヶ岳に。スノー・トレッキングで展望の醍醐味が堪能できます。
[白山が望めるように ]
[オープンバーンの美しい雪稜 ]
 SPゴンドラ山頂より取りつきの尾根に登り上がりS字稜線をH1650の前大日まで登ると景色も一変する。一旦下降して前方に広がるオープンバーンの美しい雪稜が広がる。
オープンバーンの美しい稜線
オープンバーンの美しい稜線
 前大日から前谷川に通ずる尾根に登り北に折れて大きなドーム状の登りを登り上がると大日ヶ岳の山頂がすぐである。大絶景が広がる山頂。積雪は200cmほど。
[美しい雪稜 ]
[山頂に登りあがる ]
大日ヶ岳の山頂から大展望(白山)
大日ヶ岳の山頂から大展望(白山)
 
[天狗山に続く稜線 ]
[開放的な雪稜 ]
 大日ヶ岳から天狗山には北に延びる尾根を一旦H1,610mの鞍部まで下る。鞍部からH50mぐらい登り返しとなる。H1660mのピークから左に折れて進む。前方に堂々とした白山を眺めながら小さいアップダウンをくり返す。前方に南面がえぐり取られたように鋭いピークが天狗山だ。
オープンバーンの美しい雪稜が続く
オープンバーンの美しい雪稜が続く
山頂付近の南面は雪庇となっているために要注意だ。山頂は広くないためにさらに北に下りると広大な天狗平となり休憩には最適の場所である。
山頂付近の南面は雪庇となっているために要注意だ。山頂は広くないためにさらに北に下りると広大な天狗平となり休憩には最適の場所である。
天狗山から広々とした天狗平と遠望に石徹白の山々。
天狗山から広々とした天狗平と遠望に石徹白の山々。

■ルート・3Dマップ

■ルート・3Dマップ