北岳

北岳

北岳 3,192m

 日本第二位の高峰で均整のとれた山容で名実共に南アルプスを代表する山。

■均整のとれた美しい山容を持つ南アルプスの代表の山

登山口    野呂川に架かる橋:登山口一日目
■広河原登山口~北岳山荘
(歩行時間7時間30分)
 北岳 大樺沢出合から、野呂川上流に向かってゲ―卜をくぐる。わずかに行くと野呂川に吊橋が架かっているので、これを渡る。ここから見る北岳は登高意欲をかきたてる。大樺沢の流れを見ながら、水の浸み出した所を過ぎ
登山口
   これから目指す北岳       自根御池小屋への分岐
右から流れ込む小沢を渡ったら、右手の小尾根に取付き、少し登った所で自根御池小屋への分岐に出る。ここからは針葉樹林帯の急登を登ることとなる。下山には木の根や段差が高いために高齢者や初心者の転倒事故が多いので注意が必要である。やがて2100m位の等高線に沿うように巻き白根御池小屋に着く。白根御池小屋水も豊富で池のほとりにはキャン場もある。  LinkIcon白根御池小屋

白根御池小屋白根御池小屋

草すべり
    草すべりのお花畑        傾斜の強い登り
 白根御池小屋から草すべりの急登が始まる。雨で掘られた道は歩きづらい、ジグザグの道の両脇はシナノキンバイ、クロユリ、クルマユリなどのお花畑が続く。ダケカンバの急登も通り過ぎやがて小太郎尾根分岐に出る。

小太郎尾根分岐   小太郎尾根分岐から甲斐駒ヶ岳

 正面に仙丈岳、後方に鳳凰三山、右に甲斐駒ガ岳と、南アルプス北部の名峰が見える大パノラマである。

仙丈ケ岳   小太郎尾根分岐から堂々の仙丈ケ岳


尾根道        北岳への尾根道 小太郎尾根分岐から肩ノ小屋まではゆるやかな稜線で一カ所だけ岩場があり気を付ければ後は、花を楽しみながらの稜線漫歩で肩ノ小屋に着ける。

北岳肩ノ小屋LinkIcon

北岳肩ノ小屋北岳肩ノ小屋

 肩ノ小屋の左手を抜け、急斜面を一気に登りつめると、両俣分岐の台地状の尾根に出る。
北岳       北岳山頂への道 岩の積み重なる尾根をもう一息登って、北岳北峰の右を巻く。そのまま稜線の右側をトラバースぎみに行き、左にわずかに登り返すと北岳山頂。足元から切れ落ちるバットレスは大樺沢まで600mの高度差を持ちクライマーの憧れの的。 山頂からの眺めはさすがに好展望である。

北岳北岳の山頂

■山頂から大樺沢二俣

下山は山頂部の南端から岩礫の道を下り指導票の有る吊尾根分岐から左へ下る。トラバース分岐から巨大な岩塊が積み重なった斜面となりペンキマークを目当てに下る。梯子を下れば八本歯のコル。コルから小尾根に進み梯子を下る。細い沢に下りてジグザグをきって下っていくと大岩のところで枝沢を左に渡りガレぎみの道を下れば二俣に着く。あとは、大樺沢に沿って下りることとなる。時期的によっては雪渓が残っていることもあり雪上は避けて左側の登山道を歩く。



広河原から北岳コース
一日目:広河原~白根御池小屋(3:30)~北岳小屋 (4:00)~北岳頂上(30)
二日目:北岳頂上~二俣~大樺沢~広河原(7:00)

3D地図※画像をクリックすると大きな画像で見れます。

スライド※ボタンを押下するとスライドが見れます。