ロッククライマーのメッカ・岩の要塞。

登山日 2010.08.17


大きな地図で見る

■アクセス

 国道158号線で平湯峠を通り平湯I.C口信号を左折して471号線に入る。栃尾温泉の蒲田川橋を渡りすぐに右折して蒲田トンネルを通りトンネルを出たらすぐに中尾温泉に入る交差点がありここの道路右側のヘリーポート横に駐車場がある。(トイレなし)

錫杖岳

p001.jpg  中尾高原口バス停前駐車場 駐車場から、宝橋を渡って右に道むと槍見温泉があり、クリヤ谷の登山道が始まる。ここは笠ヶ岳に通ずる登山口である。p003.jpg       登山口雑木林の中をジグザグに登って、クリヤ谷の瀬音を聞きながら斜面を右に巻いて道む。所々大石のゴロ道がある。途中にクリヤ谷を渡るところがあり、橋がないので増水時は注意が必要です。

p013.jpg橋のないクリヤ谷を渡る

p017.jpg     錫杖岳の大岩峰 クリヤ谷左岸を登っていくとブナ帯となる。やがて左に牧南沢が流れ込み、錫杖岳の大岩峰が見えてくる。右手の岩壁の下を登りつめると、錫杖沢の正面から沢に下る道がある(赤テープあり)。錫杖沢出合に下り立つが、ここまでは笠ケ岳への一般登山道です。
p020.jpg     出合からは錫杖沢へ入る
 出合からは錫杖沢へ入る。沢をそのまま直上するが。右にクライマーの通う踏跡がある。ここからは道がないので、滝の連続する錫杖沢をつめることになる。やがて錫杖の岩小屋に着く。


p082.jpgsupesu1.pngp040.jpg
      錫杖の岩小屋      大岩の多い本沢をつめる  
 前に川が流れる岩小屋で、ここで北沢が右に分岐するが、左の本沢をバランスに注意しながら登っていく。再び谷は左右に分かれるが、ここは右へ直上する。
p065.jpg    ササ藪を分けてコルに
 しだいに水はなくなり、笹の繁る稜線に出る。このコルから右へ岩尾根に取り付き、かすかな踏み跡を頼りに、主に裏側を巻きながら立木を手がかりに登っていく。


p066.jpg  沢の詰めから錫杖岳と烏帽子岩
 薄い踏跡があるが、分かりにくい箇所もありテープの目印の方が頼りになる。テープを見失っても、近くに必ずあるはず。テープを追っていけば山頂。岩の上の狭い山頂からはアルペン的風景が広がる。


p070.jpg山頂
p069.jpg山頂から笠ヶ岳を望む
p064.jpg山頂から穂高連峰

※このコースは明瞭な登山道はなく初心者のは、不向きです。

 クリヤ谷道を登っていくと、標高1,500m付近がブナ帯となる。このブナ原生林の上部に忽然と岩峰が姿を現わす様は、思わず息を呑む瞬間。クリヤ谷の渓谷、滝が連続する錫杖沢、変化に富んだ魅力を備え、はっきりとした道はないが、手ごたえのある登山ができた。

コースとタイム

中尾高原口ー(0h05)→槍見温泉ー(1h30)→クリヤ谷ー(0h30)→錫杖沢出合ー(0h30)→岩小屋ー(1h00)→コルー(1h00)→山頂
山頂ー(0h40)→コルー(0h50)→岩小屋ー(0h30)→錫杖沢出合ー(0h40)→クリヤ谷ー(1h00)→槍見温泉ー(0h05)→中尾高原口

map800.jpg※画像をクリックすると大きな画像で見れます。

slaido2.jpg※ボタンを押下するとスライドが見れます。