sign2.png

登山日 2009/09/24~26

sign2.jpg

登山口~種池山荘(2時間11分)

0004.jpg  今回の鹿島槍ヶ岳登山は、7月末の登山予定が天候などにより予定変更の繰り返しで今回の山行となった。花が終わり夏が過ぎ秋風が吹くこの季節の見所に問いかけながらの山行となった。高度を上げて1,800m付近になると紅葉の景色が広がる絶景の時期となった。柏原新道を登る。扇沢の登山口から樹林帯の中をジグザグに登り始める。左下には立山黒部アルペンルート扇沢駅と駅前の大駐車場が見えている。その上に眺められるのが針ノ木岳やスバリ岳の山並み。高度が上がるにつれ、扇沢駅がどんどん小さくなる。ひと息入れたくなる頃、ケルンの立つ箇所に出る(H1,770)"休憩"
0005.jpg        遠望は針ノ木岳
このケルンから左上方に稜線を眺めながら登ることになる。種池山荘の赤い屋根も見える。 ここから山腹を直線的に登り、ケルンから30分ほどで石の道に変わる。このあたりから素晴らしい紅葉が見られて疲れを癒してくれる。種池山荘はずっと見えているのだが、なかなか近づいてくれない。

0006.jpg素晴らしい紅葉

0007.jpg          種池山荘 今ままで見えていた種池山荘が視界から消えると「一呼吸おき息をととのえてください」 と書かれた看板の立つガラ場で2004年7月25日局地的集中豪雨で土石流発生で登山道流失となった所であり注意しながら歩く。紅葉も今がピークである。
 ここをクリアするとちょっと勾配の強い道になる。このあたりで疲労もピークとなる。階段が目の前に現われそこを登きった所が種池山荘だ。種池山荘前にはベンチが置かれ立山連峰の姿が印象に残る。絶景・紅葉の景色に『ウヮ~素晴らしい』の連発であった。山荘ベンチで絶景と紅葉を楽しみながら昼食をとる。

種池山荘~冷池山荘(2時間11分

a0085.jpg          前方は爺ヶ岳 ここ種池山荘から爺ヶ岳へ向け、明るく展望のよい稜線を登り始める。一帯がお花畑でチングルマの群生地である。チングルマの咲くころには、さぞ素晴らしい光景であることが想像できる。今は、一面がチングルマの綿毛である。爺ヶ岳の稜線のハイマツと紅葉を楽しみながら登る。長いハイマツ帯を抜けると立山連峰の山岳風景が広がる。右上には鹿島槍ヶ岳、その山裾には冷池山荘も見えている。ガレた道を行くと爺ヶ岳南峰への分岐がある。復路で登るとして山腹をトラバースして進む。


sign3.jpg種池山荘と剱岳

 この稜線からは、西側に岩の殿堂・剱岳と立山が連なって望める。鹿島槍ヶ岳からの棒小屋沢(黒部峡谷)にいたる稜線が錦織に紅葉する美しさに癒される景色であり疲れることを忘れさせてくれる。また色 鮮やかなウラシマツツジが燃えるような色艶である。
0008.jpg       冷池山荘と鹿島槍ヶ岳 やがて稜線の道が下りになると、そのまま眼下に見える冷池山荘へ向けて降下する。赤岩尾根の分岐点、冷乗越を過ぎると登りになり、冷池山荘に到着。今日一日のロングコースも終わりでゆっくりと休息を取る。冷池山荘では、ロフト付の14人部屋個室にわが隊の5人と贅沢な環境の宿泊である。山小屋スタッフの皆さんもとても親切で明るい対応に感謝です。

0010.jpg雲海に浮かぶ陽光の雲

 冷池山荘前(AM5:20)でご来光を迎える。東側は雲海が一面に広がり噴煙を上げる浅間山と白根山の間から雲を赤く染め黄金色に輝く陽が昇る。一日の始まりを実感する。朝日を浴びて冷池山荘前を過ぎてゆるやかな登りの稜線を進む。展望も日当たりも申し分ない道。お花畑を抜けるがチングルマの真っ赤な紅葉がとても印象的だ。
0011.jpg       布引岳鞍部から鹿島槍に 鹿島槍ヶ岳の前に布引山のピークがありハイマツの中の急登を登る。岩屑の小さなピークの布引山ピークをトラバースして進む。山頂までは高低差200mの登り。最初はゆるやかだが、山頂手前でザレ状の稜線をジグザグに行くようになる。かなりの急登だ。さらに勾配が増した頃、鹿島槍ヶ岳南峰に到着する。

0012.jpg山頂から立山・剱岳

 山頂からは、当然ながら展望は最高。昨年登った五竜岳を眺めて鹿島槍ヶ岳は後立山連峰の存在感を感じる。後立山連峰で最も標高の高い地点だ。立山連峰や槍、穂高連峰のすばらしいロケーションが得られる。三角点は南峰に立っている。大パノラマの光景に辿り着いた満足感を味わう。山頂でゆっくりと朝食・ホットコーヒーを至福の一時。
 布引岳から爺ヶ岳の稜線を見下ろして冷池山荘に向かう。行き交う登りの人たちの息遣いも荒く登りは辛いところでもある。ハイマツ帯の布引岳稜線を下るとここからは紅葉を楽しみながら冷池山荘まで楽しめる。冷池から種池山荘まで爺ヶ岳の辛い登り返しも絶景の紅葉を楽しませてくれて疲れも感じさせずに到着。


0013.jpg※ボタンを押下でスライドが見れます。