北アルプスの縦走路で最難の岩稜コースを行く
国内屈指の最難コースの縦走路として知られている。

■槍ヶ岳~北穂高岳
 槍ヶ岳から大キレットを越えて北穂高岳へ。5つの峰を越える稜線歩きの前半部の南岳までは長大なゆったりとしたコース。後半の南岳から北穂高岳への稜線は大キレットの岩場が連続する険しいルート。特に長谷川ピークから滝谷展望台付近までは槍・穂高縦走でいちばんの難所。
 

■北穂高岳~奥穂高岳
 北穂高岳から涸沢岳、奥穂高岳と3000m峰3座を縦走。厳しい岩稜縦走路のひとつです。北穂高の飛騨側は滝谷という日本有数の岩場が切れ落ちている。困難な個所も多く慎重に行動したい。
 

■奥穂高岳~西穂高岳
 奥穂高から西穂高岳の最も長大で厳しいルート。ほかのエリアの縦走ならクサリやハシゴがあって当然という場所でも、自然のままの状態で保たれている。岩場歩きと長時間行動する体力も必要。奥穂高岳から間ノ岳と間ノ岳から西穂高岳の紹介。